約束のステージの原作モデルはピンクレディー?実話なのか調査!

芸能ニュース

ドラマ『約束のステージ』が2019年2月22日に放送されます。

その『約束のステージ』では”全日本歌謡選手権”に出場して歌手を目指すストーリーになっています。

“全日本歌謡選手権”は実在したオーディション番組なのですが今回のドラマでの原作モデルは誰なのでしょうか?

そして実話なのか調査していきたいと思います。

スポンサーリンク

約束のステージのあらすじは?

物語の本編は1970年代。

小沢翼と大空つばさの2人が歌手を目指して伝説的番組”全日本歌謡選手権”に出場します。

二人の夢と希望は実現できるのか?

ストーリーの最初は2019年から始まる。

小沢翼は母親とふとしたことから喧嘩してしまう。

そして小沢翼は電車に乗るが急に止まってしまい気づくとそこは1975年の日本。

そこで大空つばさに運命的な出会いを果たす。

二人の夢と希望は同じ『歌手』。

二人は夢を叶えることができるのかが注目ポイントです。

【コチラの記事もチェック!】

約束のステージのネタバレと感想♪タイムスリップで”全日本歌謡選手権”に出場?

約束のステージのロケ地はどこ?70年代に合う撮影場所はつくばや前橋!?

スポンサーリンク

約束のステージの原作モデルはピンクレディーで実話なのか調査!

今回のドラマで大事になってくるのが『全日本歌謡選手権』です。

この『全日本歌謡選手権』というのはオーディション番組で実際に1970年〜1976年に放送された実在のオーディション番組です。

今回のドラマで小沢翼と大空つばさの二人組はいかにも原作モデルがいそうな感じがするのですがどうでしょうか?

調査してみました。

五木ひろしさんや八代亜紀さん、天童よしみさんさらには山本譲二さんという今の大御所と呼ばれている方々多数デビューされていて本当に凄い番組です!

ただ『全日本歌謡選手権』からデビューした女性の二人組はいませんでした。。

今回の小沢翼と大空つばさの女性デュオはドラマだけの為に設定したオリジナルなものなので原作モデルは存在しません。

しかし全日本歌謡選手権ではありませんがもしかしたらこの二人?という女性デュオが見つかりました!

そうあのレジェンド二人です。

それが

そうピンクレディーです!!

ピンクレディーといえば僕たち江戸川久兵衛の世代(20代です。。)でも知らない人はいないモンスター的なデュオ女性グループです。

『UFO』『ペッパー警部』などたくさん有名な曲があって解散して(今は再結成されてます)なお人気が凄い方々です。

ピンクレディーはこれまたレジェンド番組である『スター誕生』からデビューしたデュオです。

ピンクレディーのミーちゃんとケーちゃんは静岡県出身で中学、高校、大学まで同級生でした。

そのオーディションのシーンはかなりテレビで放送されていますね!

全盛期の二人から考えれないぐらいの清楚さですね(笑)

これも有名な話ですが敢えて清楚な格好で審査員の印象をよくしようとしたそうですよ!

後にピンクレディーの衣装になると言う時は非常に嬉しかったと後にHEY!HEY!HEY!でダウンタウンの二人に語っています。

今回の小沢翼と大空つばさのキャラクターの設定に参考したのがもしかしたらピンクレディーという可能性は十分にあると思います。

【コチラの記事もチェック!】

約束のステージのネタバレと感想♪タイムスリップで”全日本歌謡選手権”に出場?

約束のステージのロケ地はどこ?70年代に合う撮影場所はつくばや前橋!?

スポンサーリンク

今回のまとめ!

今回はドラマ『約束のステージ』の原作モデルについて調査してきました。

残念ながら原作モデルはいませんでした。

しかしキャラクター設定参考にしたのはピンクレディーなんじゃないかなと思いました。

あの時代で女性二人組といえばやっぱりピンクレディーだと思うので!

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございます♪