堤駿斗と那須川天心は友人関係!戦績と階級はなに?弟の麗斗についても調査!

スポーツ

2020年3月15日に放送される『情熱大陸』。

今回スポットライトを浴びるのはボクサーの堤駿斗選手です。

東京オリンピックでも注目されていますが早速調査していきたいと思います!

スポンサーリンク

堤駿斗の戦績と階級は?経歴とプロフィール

名前:堤駿斗

生年月日:1999年7月12日

年齢:20歳

身長:171cm

出身地:千葉県千葉市

所属:東洋大学

階級:バンタム級

堤駿斗選手は現在東洋大学に所属していて階級はバンタム級。

バンタム級というのは約52kg~約53kgまでの体重の選手で過去の選手なら辰吉丈一郎選手や長谷川穂積選手などがいて現役では井上尚弥選手がいます。

堤駿斗選手はバンタム級で次期チャンピオンとも名高いです。

堤駿斗選手は井上尚弥選手や井岡一翔選手など名ボクサーでも成し遂げることができなかった『世界ユース選手権』を日本人として初めて優勝をしています。

現在は堤駿斗選手はアマチュアなので東京オリンピックへの出場が可能で本職のバンタム級ではなく重量を増やしてフェザー級で挑戦するようです。

ここでは堤駿斗選手の戦績をまとめてみたいと思います。

  • ASBCアジアユース選手権フライ級優勝
  • 全国高等学校総合体育大会フライ級優勝
  • AIBA世界ユース選手権フライ級優勝
  • 第29回全国高等学校ボクシング選抜大会フライ級優勝
  • 平成29年度ASBCアジアユース選手権バンタム級優勝
  • 平成29年度全国高等学校総合体育大会フライ級優勝
  • 第72回国民体育大会少年の部バンタム級優勝
  • 第87回全日本選手権バンタム級優勝
  • 第89回全日本選手権57kg級優勝

堤駿斗:70戦65勝(20KO)5敗

案外KOの数が少ないかなと思いますがアマチュアの判定方法などが違うからなのかなと思います。

全日本選手権では井上尚弥選手以来の高校生での優勝になりました。

これだけでもどれだけ凄いかということが分かるかと思います。

今後の活躍がかなり期待できますね。

スポンサーリンク

弟の堤麗斗のかなりすごい!!

(画像はTHE ANSER様より)

堤駿斗選手には3人兄弟で次男なのですが三男の堤麗斗選手もかなり強いと評判です。

現在はまだ17歳なのですが中学2年でアジアジュニア優勝や高校1年でインターハイを優勝したり兄の堤駿斗選手と同じく将来が非常に楽しみですね。

堤麗斗選手がボクシングを始めたのはもちろん堤駿斗選手に憧れてボクサーになったそうです。

小学4年生の時にボクシングを始めて今や現役高校生最強のボクサーと言えると思います。

堤麗斗選手は堤駿斗選手に匹敵するかそれ以上の素質の持ち主の可能性も十分にあります。

スポンサーリンク

堤駿斗と那須川天心の関係は友人!?

堤駿斗選手と調べると那須川天心選手の名前も出てきます。

早速関係を調査してみました。

堤駿斗選手と那須川天心選手は堤駿斗選手が千葉でキックボクシングをしているときのリーダー格が那須川天心選手だったそうです。

那須川天心選手は幼いころから目標を高いところに背設定して自分を追い込んで成功させそのいい影響が周囲にもいい刺激として与えていたそうです。

堤駿斗選手は現在でも那須川天心選手の年齢の方が1つ上ですが『天心』と呼んで慕っています。

それ同時に堤駿斗選手は那須川天心選手のことを尊敬と憧れの人として見ているようです。

スポンサーリンク

今回のまとめ!!

今回は『情熱大陸』に出演する堤駿斗選手について取り上げました!!

今後の東京オリンピックなども楽しみですがもちろん将来のプロ転向した後も楽しみですね!

次の日本人チャンピオン候補として頑張ってほしいですね♪

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました