東京マラソンは詐欺で差別なのか!?コロナで一般参加者中止でも返金なし!

スポーツ

東京マラソンの一般参加者が中止になりました。

それはコロナ感染の影響で英断だったと思います。

しかしながら中止でも返金なしということです。

詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

東京マラソンは一般参加者中止でも返金なしは詐欺!?

新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、東京都内で3月1日に開かれる東京マラソンの主催財団は17日、一般参加者の出場を取りやめ、エリート選手のみで実施すると発表した。約3万8000人が出場予定だったが、200人規模に縮小する見通し。取りやめによる参加料の返金はなく、来年の出走権が与えられるが、再度、参加料が必要になる。

コロナウイルスの影響で東京マラソン自体の開催自体に疑問がありましたがどうやら無事に開催されるようです。

ただエリート選手のみの出場で一般人参加者は中止ということになりました。

まぁコロナウイルスの拡大を防ぐためには賢明な判断だったといえると思います。

しかし、中止になった参加者に対する行いが少しひどいと思います。

参加料の返金がありません!!

ちなみに中国に在住の場合は大会への参加の自粛を要請しているものの来年の出走権と参加料は無料とのアナウンスがありました。

詳しくはこちらの記事をご覧ください!

東京マラソン中止の可能性は?コロナウイルスの影響と署名活動について調査!

日本人は来年の出走権はあるものの参加料は再度必要になります。

江戸川久兵衛のズバット斬る!

一般参加者の中止は何度も言うようですが英断です。

しかしその中止の仕方には非常に問題があると思います。

一般参加費は日本人の参加料は1万6200円です。

これに3万7800人をかけてみます。

この金額はおよそですが6億1000万円ほどの金額になります。

これを返金しないって新しい詐欺にしか思えません・・・。

普通は国内に住んでいる参加予定者には返金するのが筋だと思うんですが・・・。

中国在住者は来年の参加費も無料になるのに。

これは絶対におかしいと思いますね。

今後どのような展開になっていくのか注目していきたいと思います。

スポンサーリンク

ネットの反応は!?

スポンサーリンク

今回のまとめ!!

今回は東京マラソン一般参加者中止のニュースを取り上げてみました。

参加費の返金がないというのは本当に詐欺みたいに思えてきます。。

今後東京マラソンの運営側がどのような対応をしてくるのか見守っていきたいと思います。

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました!