タバコ生産停止?DVや虐待が増えるのは本当?

お役立ち

国際結核肺疾患連合が喫煙者に禁煙を求めるとともにたばこ会社にたばこの製品と販売の停止を呼びかけています。

今回の『たばこ生産停止』騒動でネット上ではたばこが生産停止してしまったらDVや虐待が増えるのでは?という反応が多くあります。

早速調査していきたいと思います!

【関連記事】

たばこ生産停止!買い占めや転売で値段が高額になる可能性は!?

スポンサーリンク

タバコ生産停止!?

このニュースはたばこが嫌いな人にとってみればうれしいニュースでしょうね。

逆にたばこを吸う僕たちを含めればたまったもんじゃないと思いますよね。

大体長年タバコを吸っていてたかが1か月やめたからって肺の機能が元に戻るわけありませんからね・・・。

多分今後はここぞとばかりにたばこを攻撃してくる人間が多くなりそうですね。

ただ今回のニュースは国が強制しているとかではなくて国際結核肺疾患連合が呼びかけているので実際には停止にはならないんじゃないでしょうかね。

特に日本ではタバコの税収入はかなりのものになりますしいきなりタバコ生産停止にはならないと思われます。

普段タバコを吸っている人間がタバコを取り上げれればどうなるか?

答えは簡単です。

イライラするし人に当たるわけですね・・・。

そのあたりを続いて調査していきたいと思います!

スポンサーリンク

タバコ生産停止でDVや虐待が増える可能性は!?

確かに喫煙者がタバコ生産停止になってしまえばDVや虐待が増える可能性はありますね・・・。

ただそれっておかしな話でタバコがなくなってDVや虐待が増えるというのはあってもなくてもしてしまう可能性があるということですよね・・・。

タバコがなくなってイライラしたり少しばかり機嫌が悪くなるというのは許容範囲かもしれませんが・・・。

普通はタバコがなくなってもDVや虐待は起きない!と思いたいですが。。

実際にその状況になってみなければ少し分からない部分はありますね。

今回のニュースでこのようなことを書いているのは主に喫煙家だと思うのですが少し喫煙家をバカにしてる部分があると思いますね・・・。

今のご時世に自分で自分の首を絞めるような行為は控えたいところですね。

【関連記事】

たばこ生産停止!買い占めや転売で値段が高額になる可能性は!?

スポンサーリンク

今回のまとめ!

今回はたばこ生産停止でDVや虐待が増えるのではないかというニュースについて取り上げました。

たばこの生産停止がもし本当に起きてしまえば喫煙家からは猛反発があり国としても税収が減ってしまうので実際のところは起きないのではないかと思いますが実際に生産停止になっても事件は起きないようにしてほしいです。

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました!