競馬 ニュース

木村哲也(JRA調教師)の処分内容や所属馬の今後はどうなる?【大塚海渡へのパワハラ事件】

久しぶりに競馬の話題を取り上げたいと思います。

JRAの美浦所属の木村哲也調教師が所属騎手である大塚海渡騎手へ暴行したとして大塚海渡騎手ほお父さんである大塚哲郎さんと代理弁護士によって損害賠償を受けたことがわかりました。

【大塚海渡騎手に関する記事はこちら!】

大塚海渡の現在(2021)と容態は?父親の哲郎さんについて調査!

大塚海渡騎手の父親大塚哲郎さんと代理人弁護士が木村哲也調教師に損害賠償を請求しています。 デビュー前から大塚海渡騎手は木村哲也調教師によるパワハラの被害を受けていました。 【詳しい記事はコチラから!】 ...

続きを見る

今回は木村哲也調教師の今後のJRAによる処分内容や所属馬の今後について取り上げていきたいと思います。

木村哲也(キムテツ)の処分内容はどうなる?

それでは早速木村哲也調教師がどのような処分になるのか以前の事例を確認していきながら見ていきたいと思います。

田原成貴

田原成貴元調教師は騎手現役時代はマヤノトップガンの主戦としても有名ですがトウカイテイオー奇跡のラストランでも有名です。

しかし1999年に栗東で調教師としてデビューすると不祥事の連発。

所属馬の耳に発信機などを付けて馬主さんからは馬を引き上げられたりしています。

その後2001年には覚醒剤取締法違反で逮捕されるとJRAは免許剥奪と15年間競馬への関与を禁止しています。

しかし田原成貴元調教師は結果的に再犯などをしていて現在もJRA施設への立ち入りは禁止されています。

河野通文

河野通文元調教師は調教師時代は三浦皇成騎手の師匠として有名でした。

しかし2011年に反社の方々と交流があったとしてJRAは河野通文調教師に免許剥奪を決定しています。

現在は競馬評論家として活躍されています。

角居勝彦

角居勝彦調教師はウオッカやヴィクトワールピサなど含め数々のめ名馬を輩出してきた名門中の名門です。

角居ブランドという言葉まである程です。

その角居勝彦調教師は2018年7月に酒気帯び運転で現行犯で逮捕されています。

その後2019年1月6日までの調教停止という処分になって現在は現役で調教師をされていますが今年の2月いっぱいで勇退されることが決定しています。

 

この3例を挙げまあしたが1番近いのは角居勝彦調教師の例かなと思います。

上2つはあまりにも競馬界にとって悪質すぎたので参考にはなりません。

今回の木村哲也調教師の場合は所属騎手に対するパワハラということなのでJRA内で決着する可能性が高いのではないかと考えれます。

酒気帯び運転の角居勝彦調教師が半年調教停止の処分を食らっているので今回の場合も半年調教停止の可能性がありますね。

パワハラ内容が報道よりもひどかった場合になれば1年など伸びる可能性があるのではないかと思われます。

ただ上記2名のように免許剥奪まではいかないのではないかというのが今回の考えです。

木村哲也調教師の今後の所属馬はどうなる?

続いては木村哲也調教師の所属馬の今後です。

現在木村哲也調教師は重賞馬なども多数管理している調教師です。

プリモシーンや今週の月曜日にフェアリーSを制したファインルージュなどを含めて今後はどうなるのでしょうか?

 

ここでも角居勝彦調教師の参考に考えるともしJRA内で処分が決まれば一時的な転厩になる可能性が高いです。

角居勝彦調教師もサートゥルナーリアやキセキなどの有力馬を抱えていましたが中竹厩舎に一時的に転厩しています。

角居勝彦厩舎のスタッフも一時的にではありますが中竹厩舎のスタッフとして仕事をされていました。

木村哲也調教師も処分が下るようなことがあれば同じ美浦内の厩舎に転厩するものと考えられます。

ネットの反応は!?

やっぱり昔ながらの体質が残っているからこういう事件も起きるのかな。

普段大塚くんに馬も回さないのに本当に雑用だけさせてたんだな。

【大塚海渡騎手に関する記事はこちら!】

大塚海渡の現在(2021)と容態は?父親の哲郎さんについて調査!

大塚海渡騎手の父親大塚哲郎さんと代理人弁護士が木村哲也調教師に損害賠償を請求しています。 デビュー前から大塚海渡騎手は木村哲也調教師によるパワハラの被害を受けていました。 【詳しい記事はコチラから!】 ...

続きを見る

大塚海渡の落馬の理由は下手だから?幼い顔と裏腹に制裁点が多すぎる!

大塚海渡騎手と所属している木村哲也調教師との間で現在いざこざが発生していますね。 【詳しくコチラ】 現在大塚海渡騎手は落馬で休養しているのですがネット上で検索してみると下手や幼い顔とは裏腹に制裁点が多 ...

続きを見る

前々から噂ではあったけどこうしてニュースになるということは事実だったんだ。

ノーザン御用達の厩舎だから処分は軽そう。

やっぱり関東の競馬界は閉鎖的だね。

今回のまとめ!

今回は大塚海渡騎手がパワハラを受けており木村哲也調教師に損害賠償を起こしたというニュースを取り上げました。

木村哲也調教師は過去の事例から考えると調教停止の処分になるのではないかと考えれます。

所属馬は一旦転厩になる可能性が高そうです。

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました!

-競馬, ニュース

© 2021 江戸川久兵衛のズバっと気になるニュース! Powered by AFFINGER5