テレビ番組

アルマスティ(アルマス)はロシアに実在する?UMAの正体と画像を調査!【世界まる見え】

1月11日に放送される『世界まる見え』でアルマスティ(アルマス)が特集されます。

ロシアに実在されると言われているUMAなのですが果たして本当に実在するのでしょうか?

それでは早速調べていきたいと思います!

アルマスティ(アルマス)はロシアに本当に実在するのか?

ツチノコやビッグフットなどUMA(未確認生物)は数多くいますがアルマスティ(アルマス)もロシアやモンゴルに実在されると言われているUMAと言われています。

本当にロシアやモンゴルに実在するのでしょうか?

結論からすると生息していると考えられます。

それが本当に獣人なのかそれとも野生の動物がそのように見えてのかは分かりませんがロシアだけではなくモンゴルや中央アジアなど広い範囲でその存在を確認されていることです。

一部の地方だけで語り継がれているのなら伝説の可能性も高いですが様々な地域で存在が確認されていることを考えればその存在は決していないと断言できるものではありません・・・。

アルマスティやアルマスなど地域によって呼び方が違うのも特徴的ですね。

アルマスティ(アルマス)の特徴は?

アルマスティ(アルマス)は主にコーカサス山脈周辺でその存在が確認されています。

アルマスティ(アルマス)を人間がみたのはかなり昔で1800年代には数多くの目撃情報があったと言われています。

さらには1860年のロシアオシャムシウール地域ではアルマスティ(アルマス)のメスが人間に捕らえられて人に飼われていたのではないかという伝説が残っています。

そのアルマスティ(アルマス)と人間と生活して人間の子供を産んでいたという逸話も残っています。

その後2003年にはモンゴルにあるアルタイ山脈ではアルマスティ(アルマス)の足らしきものが発見されています。

アルマスティ(アルマス)の身体的特徴としては身長は160cm〜220cmと言われていて身長は人間とほぼ変わりがありません。

体重が200kgでこちらは人間からかけ離れているとみるべきです。

体毛は赤い茶色だと伝えられています。

このような体型なのですがアルマスティ(アルマス)の動きはかなり俊敏で車が下道を走るときスピードである60kmぐらいで走っていたのではないかとも言われています。

アルマスティは雑食だったとも言われていましたが人間を襲うほどの凶暴さなどはないのではと言われています。

東スポの記事にこのような一文がありました。

『2011年、ロシアの学術会議が体毛などの痕跡を研究した結果、実在の可能性が95%であると結論だ出した』

東スポがソースというのは申し訳ないのですがロシアの学術会議がこのような研究を出していたとしたら今後の調査に期待が持てますね!

→さらに調査しますと普通のニュースでも取り上げられていました。

ANNニュースでも取り上げられているとなると実在性はグッと高まります。

アルマスティ(アルマス)の正体や画像を調査!

そのように謎多きアルマスティ(アルマス)ですが正体はなんなのでしょうか?

それではアルマスティ(アルマス)の正体や画像を調査していきたいと思います。

アルマスティ(アルマス)の正体は?

顔は人間や猿に似ているとも言われていますがアルマスティ(アルマス)の正体はなんなのでしょうか?

2万年前〜4万年前に絶滅したとされるネアンデルタール人の生き残りではないかと言われています。

ネアンデルタール人の特徴としてはいわゆる脳みそが現代人よりも多かったり現代人よりも成長スピードが早いなどが挙げられますが白い肌で赤髪というのが最大の特徴ではないでしょうか。

しかしながらアルマスティ(アルマス)とネアンデルタール人との特徴は似ているところはあるものの決定的に違う点があります。

アルマスティ(アルマス)は身長が160cm〜220cmで体重が200kg以上で体格が非常に大きいのに対してネアンデルタール人は身長の平均が160cmで平均体重が60kgとやや小柄になっています。

1977年にはロシア(当時のソ連)が大規模な調査を行いましたがすぐに調査結果の公表はなくなったことから一部のマニアの間ではロシアがアルマスティ(アルマス)を保護しているのではないかとも言われています。

アルマスティ(アルマス)の画像や動画はある?

続いてアルマスティ(アルマス)の画像や動画について調査していきたいと思います。

YouTubeに動画がありました。

この動画だけではなんとも言えない感じがしますね。

ゴリラや猿のような感じも受けますね。

東スポの方にイラストがありましたのでよければご覧ください。

東スポの記事→https://www.tokyo-sports.co.jp/column/yamaguchi/443/

今回のまとめ!

今回は『世界まる見え』で特集されるアルマスティ(アルマス)について調査してきました。

普通のニュースでも取り上げられているようになんとアルマスティ(アルマス)が存在する確率はなんと95%という驚きの結果が出ました。

ネアンデルタール人が進化し続けて生存していたのかなどは今からの調査次第ですが今後の結果に期待したいですね。

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました!

-テレビ番組

© 2021 江戸川久兵衛のズバっと気になるニュース! Powered by AFFINGER5