東京マラソン中止の可能性は?コロナウイルスの影響と署名活動について調査!

スポーツ

コロナウイルスの影響が日本でもかなり広まってきていてクルーズ船はもちろんのことバスの運転手やタクシーの運転手、それ以外にもかなりの人数がコロナウイルスに感染しています。

そこに3月1日に行われる東京マラソン。

かなりの人数が参加するのはもちろん応援するために沿道にもかなりの人が集まるのが予想される。

今回は東京マラソン中止の可能性について調査していきたい。

スポンサーリンク

東京マラソンはコロナのせいで中止の可能性はあるのか?

3月1日の東京マラソンを前に、主催する「東京マラソン財団」が新型コロナウイルスへの対応に神経をとがらせている。会場でマスク配布といった対策を講じる予定だが、多くの人が集まるスタート地点などには感染拡大のリスクも。「不安があれば参加の可否を慎重に判断してほしい」と呼び掛けている。

まずは現段階では中止の可能性というのは低そうかもしれません。

ただ現段階ではという言葉を強く書いておきます。

コロナウイルスの日本での流行は時間がたつにつれてドンドン加速しています。

かなりの人数がコロナウイルスに感染していて日本でも死亡者が出てしまいました・・・。

東京マラソンは3月1日に開催されますがそれまでに感染者数はかなりの数増えていくことは明らかです。

しかも東京マラソンは日本のマラソン大会の中でも1番と言っていいほどの人数が参加者と観戦者を合わせると160万人弱の人が集まることになります。

その中に症状が現れていない人が数人いるとすればそこからまたかなりの人数がコロナウイルスに感染する可能性があります。

東京マラソンの運営側は現状コロナウイルス対策として

1.中国在住の参加者に大会参加を自粛を要請

新型のコロナウイルスの感染拡大を受けて、東京マラソン財団は、出場を見合わせる中国在住のランナーに対し、ことしの大会の参加料は返金しないものの、来年の出場権を保証すると発表していました。

さらに14日、新たに来年の参加料についても免除することを決め、中国在住のランナーに大会への出場自体を自粛するよう要請することになりました。

2.会場でマスクを配布。

会場でマスク配布といった対策を講じる予定だが、多くの人が集まるスタート地点などには感染拡大のリスクも。「不安があれば参加の可否を慎重に判断してほしい」と呼び掛けている。

その他にも消毒液やウェットティッシュなどを配布することも発表されています。

しかし、これらのことだけでコロナウイルスの感染を防ぐのは非常に難しいのではないでしょうか。

まずはコロナウイルスがここまで流行しているのですからこのような人がかなり集まるようなイベントは極力中止にするべきだと思います。

ただ東京マラソンは大きな大会で楽しみにされてる方やお金などいろいろ絡んでいるので中止というのは難しいかもしれませんが世論が中止に大きな声をあげれば中止にさぜるを得ない可能性が高いです。

スポンサーリンク

東京マラソンの署名活動ってなに?

キーワードに『東京マラソン 署名活動』というのが出ていて気になって調査してみました。

結局は東京オリンピックのマラソンのことで札幌開催に反対する署名活動のことのようです。

しかし今回の東京マラソン中止の署名活動の運動が起きてもなんら不思議ではありません。

特に東京に住まれてる方からすればかなり不安に思っておられるのではないでしょうか・・・。

【こちらの記事もチェック!】

済生会有田病院(和歌山湯浅町)の外科医師の名前や顔画像を特定?院内感染の理由を調査!

スポンサーリンク

今回のまとめ!!

今回は東京マラソン中止の可能性と署名活動について調査してきました。

東京マラソンについては現段階では中止というのはないようですが対応策は色々とされています。

これ以上コロナウイルスが流行するのをとめてほしいですね・・・。

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました!