山田直稔(オリンピックおじさん)が死去!経歴(会社)や死因は?顔画像も調査!

お役立ち

2020年は東京オリンピックですがオリンピックおじさんという方をみなさんご存知でしょうか?

戦後の東京オリンピック以来、オリンピックを現地で観戦されている山田直稔さんです。

その山田直稔さんが亡くなってしまいました・・・。

今回は山田直稔さんの経歴や顔画像なども調査していきたいと思います!

スポンサーリンク

山田直稔(オリンピックおじさん)が2020年東京オリンピック前に亡くなる・・・

夏季五輪の開催地に毎回、足を運び、「オリンピックおじさん」として知られる山田直稔(なおとし)さんが9日、心不全のため死去した。

名前:山田直稔

生年月日:1926年4月16日(92歳)

出身地:富山県

出身校:富山工業高校⇒日本大学

山田直稔さんの死因は心不全ということで92歳になられていますし歳には勝てないということでしょうか・・・。

高齢者の場合ですと心臓の働きや筋肉などが衰えてきてしまいます。。

山田直稔さんもそのような感じではないかと思われます。

スポンサーリンク

山田直稔(オリンピックおじさん)の経歴(会社)や顔画像を調査!

山田直稔さんは亡くなられるギリギリまで現役の実業家でした。

浪商グループという会社の会長でしたが一応現役の実業家ではありましたが実質高齢の為に経営にはほぼ関わっていなかいようでした。

ただ自分の会社のPRは欠かさずに出席していて会社への貢献は高齢になった今でも絶大だったようです。

浪商商事株式会社はワイヤーロープ事業やホテル事業などを展開しています。

富山工業高校から日本大学に進学後にワイヤーロープ業に進出します。

その後は浪商商事株式会社として不動産やホテル事業などに進出。

1964年の東京オリンピックから現地でのオリンピック観戦を始めて夏のオリンピックは全て現地で観戦しています。

ちなみにオリンピックを1回観戦するのに掛かる費用は1000万円ほど掛かるそうですが全てポケットマネーで賄っています。

山田直稔さんは相撲観戦もされているのですがこちらの方は不評です・・・(笑)

迷惑だとか目障りなんていう意見もありました。

スポンサーリンク

今回のまとめ!!

今回はオリンピックおじさんこと山田直稔さんについて取り上げました!

残念ながらながら亡くなってしまいましたね・・・。

来年は東京オリンピックだというのに残念です。。

久しぶりの日本でのオリンピックを生観戦したかったんだろうなぁと思います。。

天国から日本を応援してほしいです!

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございます!