日立薬局(大阪)がマスクを高額の6000円で販売!違法転売で逮捕の可能性と場所はどこ?

ニュース

大阪にある日立薬局で通常は600円程度で売られているマスクが6000円で販売されていることが分かりました。

日本では現在マスク不足で法律でもマスクの転売が禁止されています。

そんな中大阪にある『日立薬局』では堂々とマスクの高額転売が実施されています。

それでは早速調査していきたいと思います!

スポンサーリンク

日立薬局(大阪)がマスクを6000円で販売!概要は?

2020年3月20日のテレ朝系の『羽鳥慎一モーニングショー』内で大阪府内にある薬局でマスクが6000円で販売されているというニュースが取り上げられました。

その薬局に番組側を取材を申し込むと一旦折り返すと電話を切るとかけなおしてくると『転売ではなく独自の入手ルート』があると説明。

番組内で紹介されているマスクは『ツルハドラッグ』で販売されているPB商品でその製造会社は『ツルハドラッグ』にしか卸しておらず明らかに転売になるのでは?という番組内容でした。

その後も番組側が電話をすると『警察から許可を取って販売している』という意味の分からない発言を繰り返していました。

大体マスクの販売に警察の許可なんているはずがありませんし警察自体が高額転売を認めるような許可を出すはずがありません。

スポンサーリンク

日立薬局(大阪)の高額転売で逮捕の可能性は?

今回、高額転売がほぼ明確になった『日立薬局』ですが逮捕の可能性はあるのでしょうか?

結論からいうと十二分にある。

まず2020年3月15日から『マスク転売禁止法』というのが施行されていて懲役1年以下か100万円以下の罰金ということが明確になっています。

今回の『日立薬局』の場合は転売ではないと主張していても『ツルハドラッグ』のマスクを売っている以上転売になります。

しかも買った値段より1円でも高い値段で売った時点で法を犯していることになります。

今回は600円程度のものを6000円で売っているということで十二分に逮捕の可能性があります。

ここまでテレビやネットで話題になってしまうと大阪府警も動かざるを得ないと思うので結構な確率で逮捕されると思います。

スポンサーリンク

日立薬局(大阪)の場所はどこ?

さて、その日立薬局の場所はどこにあるのでしょうか?

グーグルマップなどにも掲載されていませんね・・・。

実は『日立薬局』では出てこないんですね。

『日立免税店』というのがどうやら本当の名前です。

住所:大阪府大阪市中央区日本橋1丁目1−14

どうやらこの『日立薬局』は求人情報などを見てみると経営しているのは『航福貿易株式会社』という会社みたいですね。

代表取締役が中国人の方で日本と中国との貿易をしている会社みたいで日本の会社ではありませんでした。

さすがに日本の会社はそこまでバカではないでしょうから・・・。

スポンサーリンク

ネットの反応は!?

・法律も整備されたいま、逮捕しかありえないと思うし大阪府警には動いてほしい。

・なんでマスコミが先なの?警察はもっと仕事しろよ。

・『警察に許可を得てる』とか意味が分からない。

・取材拒否は評判を落とすだけだと思うが・・・。

・テレビもこの薬局の名前を出せばいいのに。

ネットではこのような意見がありました。

確かにこの値段はありえませんし法整備が整った今逮捕するしかないと思います。

今後このような店が出てこないように本当に逮捕して本気だぞ!という見せつけなければこのような店はまた出てくると思いますね。

まぁ救いは日本の会社がやっていたことではなかったでしょうか。

スポンサーリンク

今回のまとめ!!

今回は大阪にある『日立薬局』でマスクが高額転売されていたことを取り上げました。

人の弱みにつけこむのは本当に許せないですし言い訳がましいのもまた腹が立ちます。。

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました!