フェブラリーステークス2019の出走馬予定馬&想定騎手は?武豊と藤田菜七子の騎乗馬は?

競馬

さぁいよいよ2019年最初の中央GIが2月17日に東京競馬場で行われますね。

今年は残念ながら現役最強ダート馬のルヴァンスレーヴが回避しましたが話題がいっぱいあり本当に楽しみですね。

そしてあの騎手のGI初騎乗ということもあり競馬のマスコミだけではなく一般メディアからの注目度も大きいはずです。

それではフェブラリーステークス2019の出走予定馬と想定騎手を見ていきましょう!

スポンサーリンク

フェブラリーステークス2019の出走馬予定馬&想定騎手をチェック!

武豊と藤田菜七子の騎乗馬もチェック!

【アンジュデジール 横山典】

JBCレディスクラシックで勝利。

チャンピオンズCでも4着と好走。

ただ、前走の東海Sでは4秒負けという結果に終わってしまった。

牝馬同士なら格上の存在だが今回は強い舞台に東京マイル。

ここでは厳しいかもしれない。

【インティ 武豊】

昨年はGI未勝利に終わってしまった武豊騎手に早速GI勝利のチャンス。

前走の東海Sは重賞初挑戦だったがその内容も圧巻。

勝ちタイムは中京1800mのタイムで最速だった。

前に行って後ろを潰せる馬。

ここでも非常に楽しみ。

【オメガパフューム Mデムーロ】

昨年はシリウスSを制してJBCクラシックとチャンピオンズCでも好走するものの勝ちきれなかった。

しかし東京大賞典ではMデムーロに乗り代わって上がり最速で差し切った。

今回はインティなど前に行く馬で強い馬もいるし早い流れになればまとめて差し切るシーンまである。

【クインズサターン】

重賞でも確実に突っ込んでくる安定した馬。

このコースに関しても問題ないがただ今回は相手が強すぎる感じもする。

安定感を活かしてどこまで食い込んでこれるか。

【コパノキッキング 藤田菜七子】

これが藤田菜七子騎手のGI初騎乗ということになります。

コパノキッキング自身は重賞2連勝を含む4連勝中。

前に行っても後ろから行っても強い競馬です。

ただ前走騎乗したマーフィー騎手が今回の距離は難しいとのことです。。

藤田菜七子騎手がどこまでエスコートできるか楽しみです。

【ゴールドドリーム ルメール?】

GIでも好走して決して崩れないがどうも勝ち切るのは難しいよう。

帝王賞やかしわ記念は勝ったものの相手が今回よりも若干格下な感じ。。

今回はルヴァンスレーヴはいないがインティやオメガパフュームがいる、。。

今回も堅実に走ってくるだろうが勝ちきるまではどうだろう?

【サクセスエナジー 松山?】

テンの速さがこの馬の売り。

逃げないと話にならないですから必ず無理矢理でもハナにいくでしょう。

その後ろからインティなのでプレッシャーを受ける立場です。

早めにインティに来られれば厳しい競馬になりそうです。

【サンライズソア 田辺】

こちらも安定感のある馬です。

JBCクラシックでも1番人気に推されるほどの馬でJBCもチャンピオンズC両方3着という結果。

好位から競馬ができる馬で今回もどこまでやれるか楽しみです。

【サンライズノヴァ 戸崎】

後ろから強烈な脚を使う馬です。

前走の負けは案外だったのだが東京マイルはやはりこの馬にとってベストの舞台。

最後どこまで伸びきれるかがこの馬の焦点になりそうだ。

【ノンコノユメ】

この馬も末脚が自慢の馬。

昨年のフェブラリーステークスを制した馬。

この舞台もベストだし今年も自慢の末脚が炸裂するか。

【モーニン 和田】

3年前のこのレースの覇者。

昨年はコリアスプリントを制した。

短距離では安定しているが以前のような爆発力はなさそう。

噛み合えば馬券圏内ぐらいならありそう。

【ユラノト】

重賞未勝利でようやく前走重賞で2着。

ただ、今回はメンバーが強すぎるし現段階では力不足の感じが否めない。

【コチラの記事もチェックしてみてください♪】

京都牝馬ステークス2019の出走予定馬&想定騎手はこちら♪

小倉大賞典2019の出走予定馬&想定騎手はコチラ♪

ダイヤモンドステークス2019の出走予定馬&想定騎手はコチラ♪

スポンサーリンク

江戸川久兵衛の注目馬!

ここは自信も持ってインティ。

前走が試金石の1戦だと思っていましたがこちらが思う以上の競馬を見せてくれました。

逃げてそのまま千切る競馬でタイムも中京1800mダートで歴代最速タイム。

今回はマイルになるがスピードでも劣ると思えない。

ルヴァンスレーヴがいないならここは力を見せつけたいところです。

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございます♪