Domani(ドマーニ)の広告がやばくてひどい!問題の画像あり!”働く女は結局中身オスである”

お役立ち

小学館が発刊している『Domani』の広告があちらこちらで話題になっています。

男女平等とよく言われるこの世の中でこの広告は正直・・・。

それではその問題のドマーニの広告を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

Domani(ドマーニ)の広告がやばくてひどいが画像は??

こちらが問題のドマーニの広告になっています。

この画像だけでは少し分かりにくいと思うので何が書いているのか見ていきたいと思います。

「働く女は、結局中身、オスである」

「今さらモテても迷惑なだけ」

「”ママに見えない”が最高のほめ言葉」

「ちょっと不良なママでごめんね」

「忙しくても、ママ感出してかない!」

今回問題になっているのが「働く女は、結局中身、オスである」という内容です。

確かにこれはひどいと思います。

今の世の中では働いている女性の方々はたくさんおられます。

そりゃ一昔前ならこの理屈も分からなくはないのですが現代では的外れで非常識だと思います。

小学館の女性誌『Domani(ドマーニ)』の広告をめぐり、インターネット上で「制作者側の意識の低さと古さを感じる」などと批判が上がっている。

広告では、働く母親に向けて「忙しくても、ママ感出してかない!」などと助言を送っているが、専門家は「時代遅れ」だと指摘する。

物議をかもしているのは、2019年2月28日発売の最新号の宣伝のために東京メトロ・表参道駅に掲出された屋外広告だ。

広告では、「ニッポンのワーキングマザーはかっこいい!」として、「働く女は、結局中身、オスである」「今さらモテても迷惑なだけ」「”ママに見えない”が最高のほめ言葉」「ちょっと不良なママでごめんね」「忙しくても、ママ感出してかない!」などと書き連ねている。

ツイッターでは「なんでママに見えちゃダメなの」「制作者側の意識の低さと古さを感じる」などと批判が集まっている。

大阪大の牟田和恵教授(ジェンダー論)は3月1日、J-CASTニュースの取材に、

「子どもがいても働くのは当たり前で、名誉男性(男性中心的な考えを持つ女性)じゃないとダメだという時代ではないにもかかわらず、このような広告が出稿されたのは時代遅れだ」

と苦言を呈す。

「このごろ女性を蔑視するような広告が続いているため企業も敏感になっているかと思えばこういうことがおきた。素直にびっくりです。企業はリアルな女性たちの姿を広告に取り入れるべき」(牟田氏)

小学館広報室は取材に、「ご意見を真摯に受け止め、今後の誌面づくりに役立ててまいります」とコメント。広告は3月3日まで掲出予定だとしている。

J-CASTより

このニュースを見ていると雑誌からしてみると女性の方々を応援しているつもりなのかもしれません。。

雑誌の中身を見ていたらこのような疑問もないのかもしれませんがこの広告は駅などで掲載していて不特定多数の方が見ています。

そのような不特定多数の人が見られたら不快感を感じるのも当たり前だと思います。

以前あった『やれそうなランキング』みたいなものがSPA!で掲載されていて大炎上していましたね。

今回も同じような感じなのではないかと思います。

ネットの反応は??

スポンサーリンク

でも広告と雑誌の表紙は違う・・・

広告では「働く女は、結局中身、オスである」となっていますが雑誌の表紙は『かっこいいオカンになろう!』となっていてカッコいいママ路線を目指す雑誌なのかなと個人的に思いました。

一昔前なら雑誌を読んでママ友や友達だけで広まっていた内容も今ではネットがかなり発達していてすぐに拡散されて炎上してしまうということが増えましたね。

スポンサーリンク

今回のまとめ!

今回はドマーニの広告がやばくてひどいという内容をお伝えしてきました。

この広告を作ってるのはやはり男性が中心になって作られているのではないかと思います。

それで今回のような見出しの企画も通ったのかなと思いますね・・・。

それにしても最近は雑誌の広告でも炎上してしまうんですね。。

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございます!