済生会有田病院(和歌山湯浅町)の外科医師の名前や顔画像を特定?院内感染の理由を調査!

ニュース

済生会有田病院の外科医師がコロナウイルスに感染していた事実が発覚しました。

その感染した医師から同僚の医師や家族にも感染していたことも分かりました。

今回は有田病院の外科医師や院内感染の理由などを調査していきたいと思います!!

スポンサーリンク

済生会有田病院の医師のコロナウイルス感染の概要は?

和歌山県によると、湯浅町の済生会有田病院に勤める50代の男性外科医師が新型コロナウイルスへの感染が確認された。男性は先月末から発熱や倦怠感があり、今月8日には38度の発熱と肺炎の所見が確認され、13日検査したところ陽性と判明した。病状は安定しているという。男性はことしに入ってから海外への渡航歴はなく、県が感染経路を調べている。また、病院の同僚1人と患者3人に同じような症状がみられ、検査の結果、患者1人は陰性だったが、残る3人の検査結果はまだ出ていない。

このニュースが発表されたのが2020年2月13日のことです。

そして2月14日に有田病院の他の医師の検査が始まりました。

そして2月15日になって医師や患者の3人がコロナウイルスに感染されたことが発表されました。

医師や患者の新型コロナウイルスへの感染が確認された和歌山県の病院で、新たに医師や患者、3人の感染が確認された。和歌山県は院内感染の可能性があると発表した。

済生会有田病院は、入院患者だけで160人近くいる地域の中核病院。この病院で5人の感染が確認されたことを受け、地元では不安が広がっている。

最も起きて欲しくはない院内感染ということになってしまいました。

さらに1番最初に感染していた医師は解熱剤を使用して勤務していたことが院内感染した理由のひとつだと思われます。

済生会有田病院の場所はどこにある?

住所:〒643-0007 和歌山県有田郡湯浅町大字吉川52−6

和歌山県にある病院で入院患者数は現段階では160名程度いるようです。

この病院の口コミを見てみますと医師がコロナウイルスに感染する前から口コミは悪いですね。

医師がかなり上から目線だそうです。。

さらには受付も偉そうな方が多いようです。

今回の騒動でさらに評判が悪くなりそうですね・・・。

スポンサーリンク

済生会有田病院(和歌山湯浅町)の外科医師の名前や顔画像を調査!

現段階で有田病院でのコロナウイルス感染者の医師で分かっている情報をまとめていきたいと思います。

・済生会有田病院では外科医として勤務している

・年齢は50代の男性医師

このことから特定していきたいと思います。

有田病院の外科医は全部で5名。

さらに50代医師を絞り込もうとしたのですが全て50代でした。

しかも続報のニュースによれば同僚医師が感染したということで4人中2人が感染してしまったことになります。

その4名の外科医師は有田病院のホームーページに掲載されているので興味のあるかたは見てみてください。

有田病院の外科医師一覧

ネットの反応は!?

・コロナウイルスの感染はもう止めれないと思う。

・政府はこの事態をどのように受け止めているのか?

・和歌山は情報が早い。残念だが仕方ない。

・医師が感染者を治療するのだから仕方ないかな・・・。

【こちらの記事もチェック!】

東京マラソン中止の可能性は?コロナウイルスの影響と署名活動について調査!

スポンサーリンク

今回のまとめ!

今回は和歌山県の有田病院でコロナウイルスの院内感染が起きたということで取り上げました。

本当に自分が少しでもコロナかもしれないと感じたらすぐに特定の病院にいくのが賢明ですしそれが周囲の人たちへの配慮になると思います。

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました!